肝臓につく脂肪肝について

臓につく脂肪肝について

多くの脂肪の種類の中でも肝臓についちゃう脂肪、すごく困りものである脂肪肝についてのお話を、私なりにしてみたいと思います!!

脂肪肝ってなんぞや??

私は以前からなんとなく「脂肪肝って何だろう?」と思っていたんですが、考えても良く分かりませんでした。
好奇心旺盛な私は「単純に、肝臓に脂肪がついているってことなのかなあ」なんて思いつつ、
検索してみることにしました。
そしてその結果、「肝臓が異常に脂肪を蓄えている状態」が脂肪肝であると知ったのです。

危険信号は30%以上!!

脂肪肝について深く調べてみると、恐ろしいことが分かりました。
実は肝臓はエネルギーの源として脂肪を生成して、肝細胞に蓄積しています。
ところが使用するエネルギーよりも生成された脂肪が超えてしまうと、肝細胞に脂肪が過剰に蓄積されてしまうのです。
「全ての細胞の30%以上が脂肪に変身してしまっている状態」を脂肪肝って呼ぶそうです。

脂肪肝の具体的な症状ってどんなの?

肝臓は体の臓器の中で何も症状を語らない、「無言の臓器」と一般的に認識されています。
困ったことに、肝臓の病気はなかなか自覚症状が出ないのです。
でもそう診断されてしまったということは、肝臓に脂肪が蓄積されてしまって肝臓の力が悪化しているということ。
では、なぜ脂肪肝になってしまうのか、原因を確認してみましょう。

脂肪肝になる原因ってなんだろう?

脂肪肝になってしまう要因は様々なのですが、特に多いのはアルコール由来の脂肪肝のようです。
私も大好きなお酒に含まれるアルコールの多量摂取などが原因で脂肪肝へと進行してしまうことがあります。
肝臓の中でアルコールが解毒しようとしても調節がうまくいかず、肝臓にアルコールが溜まってしまうことがあるのです。

脂肪肝にならないためには?

もちろん、私も脂肪肝になんてなりたくありません。
そこで日ごろからアルコールの摂取量を抑えたり、お休みを活用してスポーツなどの適度な運動をするよう意識しています。
食事も好き嫌いなく、バランスよくとることが大事です。
自分自身のライフスタイルをチェックする事が脂肪肝にならないための一歩だと私は思います。
皆さんもご自分のこれまでの生活スタイルを見つめ直し、生活習慣をよりよい方向へ近づけるように意識してみてはいかがでしょうか。