知っておきたい体脂肪率の基準について

知っておきたい体脂肪率の基準について

私は30代を迎え、体も疲れやすくなってきたことで色々と健康維持について興味を
持ち始め、暇を見つけては勉強しています。
今回は体の脂肪量の基準を表す「体脂肪率」の基準について私なりに話してみたいと思います。

体脂肪の基準値ってなんなの??

体の脂肪率を表す基準値は正しい数の値で確定しているという事ではないのですが、
普通言われているのが、体脂肪率の許容範囲でみると、男の人で15~20%くらい、女の人の場合で20%~25%くらいと言われています。
しかし、男の人、女の人その人その人の範囲以上の体脂肪であったりすると、なんと肥満という判定を下されます、、実に残念ですね。
しかし、男女同じく年をとっていくと同時に、体脂肪率も増えていく事になるので、年齢の幅の違いにより体脂肪率の適正な範囲なども違ってきます。

体脂肪率を計算する方法

体脂肪率は同様に肥満を示す世界的な指標である(BMI)みたいに、自分自身でコントロールしやすい身長や体重などの数値だけでは計算が難しかったりします。
体脂肪を計算する方法には皮下脂肪計を利用して、皮下脂肪の厚みを測って計算の式に
はめ込んでいくやり方があります。
しかしこれは普通の人が自身の体脂肪率を知りたい場合に用いる場合を考えると現実的に無理があるように思えます。

体脂肪を減量して健康な毎日を!

痩せたいと思ったことがある人なら、絶対に体脂肪のことを意識していることと思います。
体脂肪率を減らすためには基礎代謝量を増やし、エネルギーをどんどん消費していくことが大事です。
しかし実際は、「消費しちゃうエネルギー」以上に「摂取しちゃうエネルギー」が多いのが原因で、体脂肪がどんどん溜まってしまいがちです。
これから体脂肪を減らしたい方は、優先するべきことは食生活の改善(バランスの良い食事に改善して、たくさん食べない)と、適度な運動(体に負担のかからない運動を習慣化していく)を心がけるようにしましょう。